会社概要

社名 日本ファイナンシャルプランニング株式会社
J‘sHOME
代表者名 伏屋 慶二
設立 2016年4月25日
事業内容 生命保険の最適化 損害保険の最適化 不動産仲介 売買・賃貸・投資 住宅ローンの最適化 新規取次 確定拠出年金の導入・サポート 法人経費削減コンサル 相続・事業承継コンサル 各種セミナー開催
資本金 5,000,000円
売上 123,344,000円(2017年度)
会社住所 151-0053
東京都渋谷区代々木1-45-4 代々木山陽ビル 2階
主要取引銀行 三井住友銀行 新宿西口支店
三菱東京UFJ銀行 新宿西口支店
役員及び社員 取締役 採用担当 上杉翔
執行役員 FPコンサルティング事業部 部長 新井 俊一
執行役員 J‘sHOME 事業部長 北本康毅社員につきましてはこちらのページで紹介しております。
>メンバー紹介
従業員数 16名(2018年4月現在)
顧問弁護士 ヴァスコ・ダ・ガマ法律事務所 川合浩平
顧問税理士 生沼寛隆税理士・社会保険労務士事務所 生沼寛隆
顧問社労士 茅原隆之社会保険労務士事務所 茅原隆之

 

保険業法第300条について

【保険契約の締結又は保険募集に関する禁止行為】

第300条  保険会社等若しくは外国保険会社等、これらの役員(保険募集人である者を除く。)、保険募集人又は保険仲立人若しくはその役員若しくは使用人は、保険契約の締結又は保険募集に関して、次に掲げる行為(次条に規定する特定保険契約の締結又はその代理若しくは媒介に関しては、第一号に規定する保険契約の契約条項のうち重要な事項を告げない行為及び第九号に掲げる行為を除く。)をしてはならない。

一 保険契約者又は被保険者に対して、虚偽のことを告げ、又は保険契約の契約条項のうち重要な事項を告げない行為
二 保険契約者又は被保険者が保険会社等又は外国保険会社等に対して重要な事項につき虚偽のことを告げることを勧める行為
三 保険契約者又は被保険者が保険会社等又は外国保険会社等に対して重要な事実を告げるのを妨げ、又は告げないことを勧める行為
四 保険契約者又は被保険者に対して、不利益となるべき事実を告げずに、既に成立している保険契約を消滅させて新たな保険契約の申込みをさせ、又は新たな保険契約の申込みをさせて既に成立している保険契約を消滅させる行為
五 保険契約者又は被保険者に対して、保険料の割引、割戻しその他特別の利益の提供を約し、又は提供する行為
六 保険契約者若しくは被保険者又は不特定の者に対して、一の保険契約の契約内容につき他の保険契約の契約内容と比較した事項であって誤解させるおそれのあるものを告げ、又は表示する行為
七 保険契約者若しくは被保険者又は不特定の者に対して、将来における契約者配当又は社員に対する剰余金の分配その他将来における金額が不確実な事項として内閣府令で定めるものについて、断定的判断を示し、又は確実であると誤解させるおそれのあることを告げ、若しくは表示する行為
八 保険契約者又は被保険者に対して、当該保険契約者又は被保険者に当該保険会社等又は外国保険会社等の特定関係者(第百条の三(第二百七十二条の十三第二項において準用する場合を含む。第三百一条において同じ。)に規定する特定関係者及び第百九十四条に規定する特殊関係者のうち、当該保険会社等又は外国保険会社等を子会社とする保険持株会社及び少額短期保険持株会社(以下この条及び第三百一条の二において「保険持株会社等」という。)、当該保険持株会社等の子会社(保険会社等及び外国保険会社等を除く。)並びに保険業を行う者以外の者をいう。)が特別の利益の供与を約し、又は提供していることを知りながら、当該保険契約の申込みをさせる行為
九 前各号に定めるもののほか、保険契約者等の保護に欠けるおそれがあるものとして内閣府令で定める行為
(前項第五号の規定は、保険会社等又は外国保険会社等が第四条第二項各号、第百八十七条第三項各号又は第二百七十二条の二第二項各号に掲げる書類に基づいて行う場合には、適用しない。)

第300条関連違反行為に対する罰則規定

1. 第300条第1項第一号~第三号に違反した者に対する罰則
・保険業法第317条の2、四号、321条により、1年以下の懲役、もしくは100万円以下の罰金に処され、またはこれを併科される
2. 第300条第1項第四号~第九号に違反した者に対する罰則
・保険業法第300条、307条により、登録取消や業務停止命令または業務改善命令等の行政処分の対象となる